みなさんこんにちは。

ポケモンのレート対戦をしていると、よく見かけるドヒドイデ、可愛いですよね!

ただし特性「ひとでなし」のドヒドイデは名前の通り、めちゃくちゃ無慈悲ですね・・・。(ひとでなし:異常状態の相手への攻撃は必ず急所に当たるという鬼畜仕様)

今回はヒトデのお話です。

みなさんもご存知のヒトデって、星型ですよね☆

ですが私、星型じゃないヒトデを見たことがあるんです!

あのヒトデ、なんか違うくない?

今年の9月、関西での生活が終わる前に鳥羽水族館に行きたい!

ということで、会社の先輩に連れて行ってもらうことに。

いろんな水槽がある中で、ヤマトホシヒトデしかいない水槽がポツリ。

近づいて見てみると・・・

腕が6本のヒトデ

めちゃくちゃ異彩を放っている・・・!

どうしちゃったんでしょう。

ヒトデは「棘皮動物」という動物の分類で、普通「棘皮動物」の成体は「五放射相称(同じ形が中心から5つ放射状に並んだ姿のこと)」なんです!

突然変異のヒトデ、とてもレアなものが見られて得した気分でした。

たまごが先か、ニワトリが先か問題

さて、冒頭で私は

「みなさんもご存知のヒトデって、星型ですよね☆」と、

「ヒトデ」を「星」に例えました。

ここで一つ疑問が・・・

ヒトデを星型に例える のが正しいのでしょうか?

星型をヒトデに例える のでしょうか?(なんだか哲学みたいですね・・・)

[quiz question=”星マークが先,ヒトデが先” answer=”ヒトデが先” kaisetsu=”古代エジプトにおいて空を表すために部屋の天井に刻んだヒトデの形が現在の我々が用いている星型・星マークとなった。(引用:wikipedia)” random=”true”]みなさんは、どちらだと思いますか?[/quiz]

私は大学でヒトデの研究をしていましたが、こんな形のヒトデを見たのは初めてです!

なんだか愛嬌がありますね笑(私が研究してたヒトデは棘と毒がすごくて何よりめちゃくちゃデカいので全くカワイくない)

ヤマトホシヒトデが見れる水族館はココ!

鳥羽水族館

517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
TEL 0599-25-2555
開館時間 9:00〜17:00
入場料 大人 2500円、小・中学生 1300円、幼児600円

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です